本文までスキップする

News
お知らせ

エッジ型データセンターを展開するモルゲンロット株式会社と事業提携

森林管理&測量領域のDXを行う株式会社マプリィ

エッジ型データセンターを展開するモルゲンロット株式会社と事業提携

森林の3次元データ解析等に、再生可能エネルギーを利用したクリーン計算資源の活用を目指す

 

株式会社マプリィ(以下マプリィ)は、モルゲンロット株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 井上博隆、以下モルゲンロット)と「山林やスマート測量の3次元データの高度利用」 について、「再生可能エネルギーを利用したエッジ型データセンターにより達成すること」を目指す事業提携を実施致し ました。

 

モルゲンロットは、「コンピューティングパワーを世界中の誰にでも」をビジョンに掲げ、独自のGPU分散処理ソリューションを活用して再生可能エネルギーの余剰電力を計算力に変換する「ハードウェアの構築、販売、運用、保守」、大規模な計算力を必要とする企業に、GPUクラウドサービスの「M:CPP」、クラウドレンダリングサービス「Render Pool」を提供してきました。

 

今回の事業提携により、マプリィが持つデータ・情報処理システムと、モルゲンロットの持つ計算資源を組合せ、迅速かつ高度な解析とソリューション提供を実現します。

 

例えば、

・マプリィが取得する測量データを元に測量、防災シミュレーションの実現

・木材生産から流通までを計算資力とブロックチェーン技術を活用したトレーサビリティの構築

等の提供を検討していきます。

 

また、一次産業に対してビッグデータやAIを活用することにより新たな市場開拓、価値の向上を狙うと共に、全国の自治体やインフラ関連会社、測量会社が抱える森林管理・防災・環境保全・地方創生等の課題に、テクノロジーで解決策の提供を目指します。

 

森林管理の効率化、森林の3次元計測などのためにmapryの活用にご興味をお持ちの方、また、地域社会の発展のためにmapryを活用した連携に興味があるなどございましたら、こちらまでご連絡ください。

support@mapry.jp

 

(役割分担)